スポンサードリンク

2007年07月22日

ムダ毛処理の基本

ムダ毛処理の肌荒れ防止はプレケア、アフターケアが最善策=

カミソリを使うなら、毛が温められて柔らかくなる入浴時が最適です。剃るときは必ずシェービング剤か石鹸の泡を使って、肌を保護しましょう。剃り方は毛流れに沿った順剃りが基本です。除毛後は肌が敏感になっているので、高濃度の美容液は避け、冷たいタオルなどで冷やしましょう。


=毛抜きで抜くときは、根元を手で押さえておく=

ムダ毛処理が原因で「毛が太くなる」「毛が増える」ことはありません。ただ、ワキの下などの肌を引っ張って抜いていると色素沈着の原因になります。毛穴が開いているお風呂上りに片手で毛の根元を押さえながら抜きましょう。黒ずみがどうしても気になるなら、専門医に相談しましょう。

=手軽さや効果はそれぞれ。自分に合っているものを選びましょう。=

カミソリ派と毛抜き派がほとんどですが、その他の方法もシーンや部位別に使い分けてみてください。電気シェーバーは、一度に素早く処理したい人向きです。脱毛テープは、二の腕やスネなどの広範囲を毛根から脱毛できるので便利。除毛クリームは、背中など手が届きにくい部位に。

ムダ毛処理後の肌は敏感な状態。海に行くなら2日前までに=

ムダ毛処理の直後の肌は刺激に敏感です。処理の翌日に海水浴に行ったり、直射日光に当たったりすると、肌荒れの原因になります。処理は遅くとも2日前までには済ませておくこと。また、デコルテや背中の肌は、腕や脚よりずっと敏感です。頻繁に処理はせず、海に行くなど特別な場合にとどめましょう。
posted by 30代独身女性ムダ毛 at 12:50| ムダ毛悩みニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。